ブレゲは日本では人気ない?ブレゲが多くの人を魅了する理由

2023.12.25
Written by 編集部

時計の世界において、ブレゲ(Breguet)は歴史あるメゾンとして知られ、卓越した技術とエレガントなデザインで多くのファンを惹きつけています。しかし、なぜ日本ではあまり注目されていないのでしょうか?

ブレゲの歴史と伝統

1775年、アブラアン=ルイ・ブレゲによって創立されたブレゲは、その歴史と伝統が卓越した時計製作の技術と画期的な発明で満ち溢れています。アブラアン=ルイ・ブレゲはトゥールビヨンなどの時計の精度向上を図る機構を生み出し、これがブレゲの名声を築く原動力となりました。また、フランス革命時には「マリー・アントワネット時計」を製作し、その美しさと技術が後に再評価されました。

ブレゲは歴史的な瞬間においても王室との深い結びつきを持ち、ナポレオン・ボナパルトなど多くの王族や著名人に時計を納品していました。これらの歴史的な発明は、ブレゲの名声を一段と高め、その後の時計製作にも大きな影響を与えました。

現代のブレゲは、その伝統と革新を見事に融合させ、トゥールビヨンなど独自の技術を駆使した時計を生み出しています。職人技と最新技術の巧妙な組み合わせにより、ブレゲの時計は高い精度と美しさを同時に体現し、世界中の時計愛好者やコレクターから絶大な支持を受けています。その洗練されたデザインと卓越した機械工学は、ブレゲを時計界のトップブランドの一つとして輝かしい地位に押し上げています。

ブレゲの独自の技術とイノベーション

ブレゲは多くの画期的な時計技術を生み出してきました。ペルペチュアル、トゥールビヨン、ブレゲひげぜんまいなど、これらの技術が時計愛好者やコレクターを魅了しています。

ペルペチュアルは自動巻きのことで、当時は他にも開発されていましたが実用性に乏しいものでした。ブレゲはプラチナ製の分銅を組み合わせた自動巻き機構を開発し、この新機構により信頼性の高い巻き上げを実現しました。

また、トゥールビヨンは時計の精度向上を図るための画期的な機構です。時計全体を定期的に回転させることで重力の影響を打ち消し、高い精度を実現します。この技術はブレゲの名声を築く基石となりました。現在ではさまざまな高級時計ブランドにも使用されています。

ブレゲひげぜんまいと呼ばれるブレゲ・オーバーコイルも特徴的です。ヘアスプリング(バネ)の端を特殊に曲げることで均等な振動を生み出すブレゲ・オーバーコイルは、温度変化や姿勢の変化に対しても安定した性能を発揮します。これにより、時計の精度向上に寄与します。

デザイン面では多くの時計ブランドが採用しているギョーシェ彫り技法は、ブレゲが発明しました。手動旋盤によるこの彫りは、ブレゲ時計を識別する際の鍵要素であり、その独自性が際立っています。

また、ケースの側面にコインのような模様を手作業で施すコインエッジ装飾は、ブレゲの時計に特有の技法です。このクラシックな手法は、現代の多くの時計にも採用され、時計のデザインに独自のエレガンスを与えています。

そして、その名前からも代表されるブレゲ針やブレゲ文字はエレガントでスリム、かつ見やすいことで高い評判となり、現代においても多くの時計ブランドに採用されています。

日本でのブレゲ人気は?

日本ではロレックスなどの高級時計の知名度が高いことから、ブレゲにあまり馴染みがないと感じるかもしれません。その理由には、単なる好みの違いから、価格帯の高さ、他の競合ブランドの優位性、流行の影響が挙げられます。

とはいえ、全く人気がないというものではなく、ブレゲを好んで身につける方も多くいます。ブレゲは長い歴史を有し、時計製造の分野で数々の重要な発明や技術革新を成し遂げています。この歴史は多くの時計愛好者にとって興味深く、ブレゲの時計は単なるアクセサリー以上の価値があるとされています。

また、トゥールビヨンなど、ブレゲが持つ独自の時計技術は、高い精度と耐久性を実現しています。これらの技術革新は、日本の時計愛好者たちにも注目されており、その技術力がブレゲの時計の魅力の一端です。エレガントで独自のデザインも特徴的で、日本のファッションやアート愛好者にとって魅力的な要素であり、ブレゲの時計が一部の人々にとっては理想的なファッションアクセサリーであることを示唆しています。

そして、ブレゲは世界的に高く評価され、王室や歴史的な人物からの信頼も厚く、多くのセレブリティが身につけてます。日本でも木村拓哉や櫻井翔、伊藤英明など有名芸能人が身につけているのが確認されています。

おすすめのブレゲ クラシック

2000年代にリリースされた優れた時計モデルの一つです。この時計はブレゲの豊かな歴史と伝統的なデザインを引き継ぎながらも、最新の技術と素材を組み合わせ、伝統と革新の融合を実現しています。エナメル文字盤には、繊細なブレゲの文字とブレゲ針が美しく配置され、視覚的な魅力を持っています。

特筆すべきはコインエッジ装飾が施されたケースの側面で、これがブレゲの独自性とエレガンスを際立たせています。自社製造ムーブメントは高い機械的精度を提供し、透明なサファイアケースバックからその優れた技術が見えるのも魅力的です。また、18Kローズゴールドまたは18Kホワイトゴールドのラグジュアリーな素材が時計に高級感を与えています。

まとめ

いかがでしたか?ブレゲが日本で人気がないとされる一方で、その魅力には多くの理由があります。ブレゲは歴史的な伝統と卓越した技術を融合し、トゥールビヨンやブレゲ針など独自の要素を持つ時計を生み出し、その革新的な美しさは時計愛好者にとって真に魅力的な存在となっています。ぜひとも、一度ブレゲの時計を手に取り、その魅力を感じてみましょう。

>>世界三大時計のブランドは?雲上ブランドの魅力と人気の理由を解説

writer

ranking