腕時計を右腕につける事はある?マナーはある?

腕時計は、時間を確認するためのツールであると同時に、ファッションアイテムとしての役割も担っています。そのため、時計の装着位置やマナーについて疑問を持つ方も多いでしょう。そこで、腕時計を右腕に装着することについての利便性やマナーについて解説します。

腕時計をつけるのは左手?右手?

一般的には、腕時計は左腕に装着すると言われています。これは多くの人が右利きであり、右手で作業する際に左腕に時計をつける方が自然で邪魔になりにくいからです。また、ビジネスシーンにおいても左腕に時計をつけることで、握手や書類の受け渡し時に時計が目立ちすぎないという利点があります。

ただし、これは利き腕の問題であり、左利きの人にとっては右手首に腕時計を装着する方がなにかと便利です。頻繁に動かす利き腕では、作業中に時計がぶつかったりするため、反対側の腕につけている方が気にならないでしょう。また、職業上左手で計器や特殊な機器を頻繁に操作するためや、過去に軍人が右手にしていた名残から右腕に装着している人もいます。

右側にリューズがない時計

ほとんどの時計のデザインが左手に装着した腕時計を、右手で操作しやすいようにデザインされています。しかし、中には右側になく左手で操作しやすいようにしたものや、安全面での都合上左側についているもの、そもそも横についていないものもあります。

左リューズの時計を出しているブランドはいくつかありますが、パネライ、グラハム、ジン、IWC、タグホイヤーなども出しています。また、ロレックスでも左リューズのモデルとして『GMTマスターII』から出ています。

リューズが横についていない時計では、カルティエ 『ミニ パンテール』があります。この時計は側面にリューズがついておらず、裏側で操作できるようになっています。

右リューズの時計を右手につけるのはおかしい?

時計操作を考えると右側にリューズがついている時計を右手につけた場合、操作はしにくいかもしれません。しかし、実際のところクロノグラフなどの機能を使わない場合、リューズやボタンを使うことがないため、右につけても操作性が落ちるという事はありません。

また、落ち着いたデザインであれば握手や書類の受け渡し時に目立つのを抑えることもできるため、右手に時計をつけていても問題ありません。

腕時計を右手につける時の特別なマナーはない

日本人の左利きの割合は10%と言われていますが、左利きだから右手につけなければならないということはありません。また、右利きだから右手につけてはいけないということもありません。腕時計をどちらの腕につけるかは個人の利便性や快適さ、職業や活動の特性に依存しており、右手につける時の特別なマナーは存在しません。重要なのは、自分にとって最も快適で効率的であることです。

おすすめのヴィンテージ時計

ジャガールクルト レベルソ

ジャガールクルトの『レベルソ』は、右手に装着するのに理想的な時計です。その独特のレクタングルの形状と、二重のダイヤルが特徴的で、右手でも洗練された印象を与えます。特に、ケースの180度回転機能は、時計を反転させて使うことができるため、右手で着用する際にも快適です。機能性としては、手首によくフィットし、操作性にも優れています。デザインの豊富なバリエーションもあり、個性を表現する上でも最適です。

ロレックス デイトジャスト

ロレックス『デイトジャスト』は右手に装着するのに最適なモデルです。視認性の高い文字盤とサイクロップレンズにより、右手でも時間を簡単に確認できます。リューズが3時位置にあるため、右手での使用でも手首の動きを妨げません。自動巻きムーブメントと瞬時に変わる日付表示機能も、右手での操作を快適にします。クラシックなデザインと多様な選択肢があり、スタイリッシュに見えるため、右手装着にお勧めです。

カルティエ ミニ パンテール

カルティエの『パンテール』ウォッチは、そのスムーズでエレガントなデザインから、右手に装着するのに最適です。側面にリューズがないため、右手で使用しても手首の動きを妨げることなく、快適に装着できます。小さめのケースサイズと華やかなデザインは、女性に人気であり、洗練されたスタイルを演出します。

まとめ

いかがでしたか?腕時計を右腕につけることについては、文化や個人の習慣によって異なる理由があります。例えば、左利きの人が右腕に時計をつけることが多いことや、特定の職業や宗教的な理由から右腕を選ぶことがあるかもしれません。右手に時計をつける事は、他の人と異なるため気になりがちですが、個々の好みやライフスタイルに適した方法で時計を着用しましょう。

ranking